FC2ブログ
Retrospectism
『プリンセスラバー!』応援中です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲ --:--:-- | |
2006-01-31 Tue.
いつの間にか1月も終わりですよ。エロゲは定期的に消化しているくせに肝心の公務員試験の勉強が一向に進んでいませんよ。こりゃーヤバイですヤバすぎですよ。

とか言いつつ今日はそろそろ『オルタ』に備えて『マブラヴ』でも消化しておかないとなあとか思いつつも、まだ『オルタ』が延期されることにわずかな期待を持っていたりしながらまあ『マブラヴ』をインストールしちゃったわけですが、プロテクトの問題で起動できず。しゃーないから誤作動サポート、と思ったらサポートないってあんた。

どーすんべ、と思ったらどうやらメールでサポート頼めば修正版を送ってくれるらしい。これって本当に購入したかどうかは確認してるのかな?必須事項も別に完全に埋めなくても構わないみたいだし・・・それにしても何でこんな面倒臭いことを。システムの問題?

まあいいや、ということでサポートのメール出しておきました。どれくらいかかるのかなあ?まあ今週末は『Pia キャロット』があるのでめっちゃ時間は潰せそうだし、まあ堪忍袋の緒が切れない程度の期間くらいなら『オルタ』のこと考えれば我慢できるでしょう。

ていうか、公務員試験の勉強しないと・・・それがメインのブログなのに。
スポンサーサイト
2006-01-28 Sat.
2006-01-27 Fri.
総合評価:2 シナリオ:2 エロ:6 イライラ:10

エロゲに興味の無い方はスルーの方向で。今年の地雷第一号です。

もう感想も何もあったもんじゃありません。途中で放り投げました。コンプなんてもうどうでもいいです。途中から主人公にとてもじゃありませんがついていけなくなってしまいました。この主人公も孝之や貴明に誠といったヘタレに並びかける勢いですね。さらに最悪なのは、今挙げた3人はまわりに面白い人たちがいて、作品としては主人公のヘタレさえ我慢すれば楽しめるのですが、このイミラバはひたすら主人公のヘタレに付き合わなくてはいけないので、我慢できません。

いやもうすべてヘタレなんですよ。全編にわたって。ひたすら主人公のネガティブ思考を延々と読まされるだけです。面白いわけがありません。ストーリーには見せ場なんて全くと言っていいほどなくてひたすら、ただひたすらに我慢の出来ないヘタレ思考を読まされるだけのストーリーになっています。ラストの山場らしき山場も5分もかからずに終了してしまいポカーンとさせられたままエンディングを迎えます。

なんかクリアするとアナザーストーリーがどうたらこうたらとかありますが、そんなものどうでもいいです。そんなもの作ってる暇があるなら本編をもっとどうにかしろよ、と本気で言いたいです。

いやもうほんとにどうでもいいです。
2006-01-26 Thu.
この2,3日というもの体調が最悪でグズグズです。右腕になんか変なデキモノができて、机に腕をつくと痛いので腕を浮かしていなければならず、文字とか計算とか書きにくいったらありゃしない。さっさと風邪をなおしてバリバリ勉強しなければいけないと思いつつ。

今日はいくつかの民間企業のプレエントリーをしました。これからは公務員試験勉強だけでなく民間企業の就職活動も始めていこうと思っています。なかなか時間が取れないので回れる企業は限られてくるので、しっかり吟味していかなければいけないなあと思っていますが、プレエントリーするくらいはタダなのでしまくってやろうと思っています。

ところで民間企業の就職試験の勉強もしないといけないのかなあ、って各企業どんな試験なんだろうというところから始めなければいけませんね。普通にSPIとかやってれば大丈夫なのかなあ、というかそもそもSPIって何なんでしょうね。

ホリエモン事件ではどいつもこいつも手の平の返しっぷりが面白すぎるwww
2006-01-19 Thu.
今日も今日とて公務員試験の勉強をしていくわけです。ということで今日は『ミクロ経済学入門』の9章の終わりまで読んでいきました。9章の最後の人物紹介はまあどうでもいいとして、その前のカルドア改善とかシトフスキーのなんちゃらとかのところも公務員試験には出ないだろうなあ、ということでさらっと目を通したくらいです。

今日一つ気になったのは純粋交換モデルのところで、『一般均衡解はパレート最適』だってのはいいんですが、そこでは『p1/p2=MRSa=MRSb』みたいのが成り立つって書いてあるんですけど、これって別に均衡解でも無くても成り立ってるような気がバリバリしてるんですよね。実際にその上の図でも成り立ってるし。よく分からないですね。

それと今日はこの前プリントアウトしておいた『経済財政白書』をさらさら読みました。白書って分析とか結構真面目にやってるんですね。って当たり前か。分析してるモデルとか全然分からないので、分析結果が妥当なのか都合のいい解釈なのか分からないんですが、まあとりあえず日本経済は着実に回復しつつあるということを強調したいみたいですね。
2006-01-17 Tue.
今日は『ミクロ経済学入門』の8章読んだところで力尽きました。というか今日も単に寝坊しただけなんですが。それはそうとこの本は割りと読みやすいです。微分を使っていないところがマイナスポイントですが、公務員試験に役立つのかどうかは別にして私には合っているようですね。これで微分を使って書いてくれていたらもっと分かりやすかったのになあ。あー、白書も読んでいきたいんだけれどとことん時間がないなあ。

ホリエモンとオジャマモンが何かすごいことになってるwww
ところで『株式分割』と『株式の新規発効』というのは何が違うんだろう?よく分かりませんが、分割って言ったって新しい株券発効するんでしょ。何が違うんだろうよく分からないです。
2006-01-16 Mon.
総合評価:10 シナリオ:10 感動:9 笑い:8 エロ:4

【『家族計画~追憶~』レビュー】の続きを読む
先週末は風邪をひいて寝込んでいたんですが、いつの間にか気が付けば一月も中盤を過ぎているではないですか。この半月のあいだほとんど勉強していないですね。こんなことでは到底間に合いません。ということで気合入れなおして勉強勉強。

今日は『ミクロ経済学入門』を6章まで読んでしまいました。ようやく生産者理論に入ってヤル気満々です。この本では武隈ミクロとは違って生産関数をやってから費用曲線に行くんですな。別にどっちがいいとかは分かりませんが、この章までのところはそれほど分かりにくい所はありません。章末問題も問題なく解けていますし。

それと今日から本格的にというか随分長いあいだ放置していた『図説・日本の財政』も読んでいくことにしました。前にどこかで書いたような気もしますが、どうやら公務員試験は財政の理論よりも状況や制度的な側面の問題が多いような気がするのでこの本をちゃんと読んでいこうと思います。ということで今日は財政の現状のところを読みましたが要約すると日本の財政赤字は酷い、ということですね。
2006-01-12 Thu.
今日は『ミクロ経済学入門』の5章を読んだところで時間切れになってしまいました。単に朝起きられなかっただけなんですが。それにしてもこの顕示選好理論が相変わらず良く分からないです。これは一体何に使われるんだろうとうんうん悩んでいるんですがよく分かりません。無差別曲線が分からないような状況で、2財の価格変化と需要の変化をみてどうたらこうたら・・・やっぱりよく分かりません。無視無視っと。
2006-01-11 Wed.
今日はちょっとどころではなく寝坊してしまったので、『ミクロ経済学入門』の4章だけ読んで終わりということで自分を納得させようと思ったのですが、この章もそれほど苦労なく読み終えることが出来たので、スーパー過去問のミクロの問題集をちょこっと解いてみました。問題もこの最初の方はほぼ問題なく解けるようです。ちょっと自信がついたかもしれません。

でも問題なのは専門の記述試験なんだよなあと唸ってしまいます。というかそろそろ記述式の過去問も入手しないといけないですよね。売っていないので人事院にでも問い合わせて入手しなければなりません。この辺が独学かつ周りに経済学部の知り合いなど皆無な人間の辛いところです。選択のやつは売ってるのでそっちも購入してこなければなりませんね。

さらに今まで全く気にしてなかったんですが、教養試験の勉強もそろそろ始めた方が良いんでしょうね。去年は全く勉強しなくても専門試験で挽回できたので合格できましたが、今回は教養試験で専門試験の方をなんとかカバーしなくてはならないのでこちらも手を抜くことは出来ません。なんか英語と歴史の比重が大きくなるようなことが人事院のページに載っているので、その辺を重点的に勉強するべきですかね。英語って文法とか出るのかな?TOEICとか存在くらいしか知らないので英語の勉強なんて高校以来やってないので、少しは文法の勉強もやっておいた方が無難ですかね。
2006-01-10 Tue.
今日から早速『経済財政白書』を読んでいくことにしました。案外ページ数が多いんだよなあ。というか最初の前書きみたいなところに人口減少は2007年から始まると書かれていますが、すでに去年から減少しているんだよ、と思わずツッコミを入れたくなってしまいました。もう政府の見通しが甘すぎるということがこの辺からも良く分かりますね。なんで中程度の推移を念頭において政策を立てるんだろう?最悪の事態を見越して政策立てれば良いと思うんですが。コストの問題なのかな。

それと今日からちゃんと『ミクロ経済学入門』も読んでいくことにしました。いつまでミクロをやってんだよ、と自分でも思うのですがまあ基本だし別にいいかなとも思ってごまかしたりして、でもやっぱり試験までそれほど時間もないしなあと焦りの気持ちもないでもないです。前回はどこまで読んだかも覚えてないので、今日から気合を入れて読み直しです。2,3章を読みました。この辺はさすがにすらすら読めますね。
2006-01-09 Mon.
昨日ダウンロードしておいた『経済財政白書』をいそいそとコピーしました。明日から読んでいく予定です。てのはいいんですが、白書ってのはどうしてあんなにファイルが細切れになっているんだろうと小一時間問い詰めたくなるほど細切れになってますよね。コピーするのに手間がかかってしょうがないです。『厚生労働白書』なんかもっと細切れになっているので、コピーするの面倒臭いんだろうなあ。

で、本格的な勉強は明日から始めようと思っているんですが、今日はこれまでの復習と言うことで中谷マクロ武隈ミクロを読み返す、というか眺め返していました。ミクロの細かい定理とかは相変わらず忘れまくっていました。マクロでは『新古典派』と『新しい古典派』というのは違うものなのか同じものなのか分からずに唸っていました。未だに分かっていませんが。
2006-01-08 Sun.
総合評価:7 シナリオ:7 萌え:7 エロ:6

【『そらうた』レビュー】の続きを読む
2006-01-02 Mon.
今日はあちこちで初売りがあったり、早速帰省のUターンラッシュが始まっていたりして東京の人口密度が正月2日目にしてもう上昇気味でうんざり。それでもまだ普段に比べれば密度は局所的に高いくらいですが、電車にゆっくり座っていられるのも大晦日と元旦の二日だけとはねえ。こういうの見ると少子化と騒いでますが、少しくらいは人口が減った方がプラスになることも多いのではないかと思ってしまいます。

こういうことを真面目に議論している人たちは少子化が進めば生産性が上がるし、一人当たりのGDPもアップするしいいことのほうが多いんじゃないの?とか言うんだろうけれど実際のところどうなんでしょうねえ。日本の人口密度が高いのは数字を見れば明らかだと思うけれど、どこの国でも中心都市の人口密度なんてそれほど変わらないだろうし、国土に適切な人口なんて決めようが無いよなあ。

少子化が進めば一人当たりの生産性やGDPはアップするかもしれないけれど、絶対的な量が減るので世界第2位の経済規模を維持するのは無理っぽいと思うんですが、別に第2位でなければいけないなんてことも無いわけで、でもやっぱり国際的な発言力を維持するためには経済規模は重要になってくるわけで、あーもうワケ分からない。

まあ経済だけの問題じゃないですしね。
2006-01-01 Sun.
さてさていろんな意味で勝負の年になりそうな2006年が始まりました。ということで神さまに頼ろうということで研究室に行く前に一人っきりで初詣に行ってきました。川崎大師に行ったのですが、順路の幅が狭すぎで全く進まなかったのでキレて途中で帰ってきました。この順路を考えたバカ誰よ?そんなこんなで研究室の連中と明治神宮へ行ってきました。

昨日は格闘技を主に観つつ紅白をちょっと覗くという感じだったのですが、マケボノは一体何なんでしょう。視聴者バカにしてるんでしょうか?ヤル気あるの?いい加減ムカついてきたのは私だけではないと思います。もうやめろよ。

さーて2006年はどんな年になるんでしょうか。経済はこのまま回復していくのかな?ポスト小泉はどうなるんだろうか?続投は無いんだろうなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。