FC2ブログ
Retrospectism
『プリンセスラバー!』応援中です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲ --:--:-- | |
2007-12-31 Mon.
2007年の総括でも。
振り返ってみると、今年は『リトバス』以外は小粒な作品でしたね。

個人的には、学生から社会人になったというのが最大の出来事。
社会人の時間の無さを痛感した年でもありました。

そういえば『リトバス』のレビューをまだ書いてないな。
あの筋肉旋風をどうやって書けばいいのか未だに悩む・・・。
「エクスタシー」の前に考察もちゃんと書かなければ。
『ひまちゃき』もレビューを書いてない・・・。
これもギャグがキレ過ぎててレビュー書きにくい作品だ。

では今年を振り返りながら。

■ 1月
『恋姫†無双』が発売されたことくらいかな。それもゲームパートがあまりにもクソな出来でしたけど、エロシーンはそれなりに使えましたし、あのゲームパートが無ければねえ。ボリュームも常駐させる抜きゲーにしては(圧縮しても)大きすぎたし、残念なところの多い作品でした。

■ 2月
なんといっても『アンジェリカ』でしょうか。ヘンな方向での金字塔のような作品になってしまいましたね。抜きゲーなのに笑いすぎて抜けないというのは、個人的にも貴重な体験でした。

■ 3月
特に無いですね・・・。

■ 4月・5月・6月
代々木、5週間研修と立て続けに研修があったのでエロゲをプレイできず。
世間的には『きみある』が微妙な出来だったのと、『つくしてあげるのに』で攻略詐欺があったことが話題になってたのかな。攻略詐欺の方は2作続けて叩かれて、ファンディスクにするはずだったのを無料配布することになったりして、だいぶ懲りただろうなあ・・・。あるか分からんけど、次回作でも同じことしてきたらすごいね。

■ 7月
『リトバス』発売に尽きるか。『リトバス』については今更言うことも無く、レビューをちゃんと書かなければ、というところか。あとは、完全版だと思われた『とらいあんぐるBLUE』でも声なしのシーンが多かったのでユーザーから色々文句の声が上がってましたね。他には『スクイズ』のアニメスタートとか。

■ 8月
特に無いかな・・・。

■ 9月
『スクイズ』の最終回があまりにも衝撃的でしたね。特に興味も無かったのでアニメ版は観てないので、ネット上での騒ぎを傍観していた感じでした。エロゲー的には、かぐやのBYチームが久しぶりに姉モノに帰ってきてくれたので嬉しかった。出来は姉モノ3部作に遠く及ばなかったけど。

■ 10月・11月
特に無いですね・・・。

■ 12月
『Dies irae』が核地雷だったようですね。延期しまくった挙句に、完成しない所は削りまくって、とりあえず動くだけのゲームとして発売したみたいですね。全く興味ない作品だったので助かりましたが、lightはOHPの掲示板削除の原因ともなった去年の『イミラバ』といい、今年のコレといい、自分の中ではすっかり地雷メーカーになってしまいました。
スポンサーサイト
2007-12-25 Tue.
最近レビュー以外の記事を全く書いてないですね。
すっかりレビューサイトと化しているので全然構わないんですが。
総括的なものも書こうとは思うけれど、今年は小粒なのが多かったのかな。

個人的に今年はりリスの1本を残すのみ。
コミケには興味ないので行きません。
Autobahnのは、評判見てから秋葉原に買いに行くかも知れません。

■ 『リトルバスターズ エクスタシー』
唯湖シナリオとか、謙吾の墓参りとかも説明されるんだろうね。
その前に、もう一回プレイしてレビューと考察考えるか。
ささささシナリオは都乃河氏、佳奈多シナリオは城桐氏が書くのかな?
佳奈多シナリオは葉留佳が発狂しちゃいそうな気がするんだけど・・・。
それにしても「エクスタシー」ってwww腹抱えて笑ったwww

『さくらシュトラッセ』体験版プレイ
『えむぴぃ』のように無駄にごちゃごちゃ動かすことも無く安心できる出来ですね。
あんなに無駄に動かされたら鬱陶しいので、そこは良かった。
NYAON氏独特の、「八つ当たり気味」で「すぐに大声を出す」主人公も健在。
ちょっと苦手なタイプの主人公だけど、ルゥリィのために買います。
ブランド的に延期しそうな気配がしますが・・・。

『戦乙女ヴァルキリー2』
コレは期待していいのかどうか・・・超主要スタッフが・・・。
とりあえず、よっぽどのことがない限り購入は既に確定ですね。
2007-12-23 Sun.
総合評価:8 エロ:7 唯子先生:9

シーン数:授業27+他19=46(瑛子は単独が4つに3Pがいくつか)

展開。
トラックに吹っ飛ばされても体に異常は無いものの、何故か唯子先生たちといた期間、つまり前作の内容と幼馴染の瑛子の記憶だけをピンポイントで無くしてしまった主人公。ならば、前回と同じような性教育をしてやれば記憶が戻るのではないかということで、今回は唯子先生オンリーの性教育授業です。要するに、唯子先生のファンディスクですので、瑛子はオマケ程度です。一応瑛子エンドはありますけど。

授業の進め方は前作のと同じで、順番とかは関係なく、表示されてるものの中から好きなのを選んでいくだけです。途中にテストがありますが、点数が良かろうが悪かろうがどんどん次のレベルに授業は進んで行きます。授業を選択すると前作と同様にマニアックな内容を唯子先生が解説してくれて、その後にその授業の内容を唯子先生と、もしくは、瑛子も混ざって3Pで実践していくという内容です。そして最後に卒業試験があって終了なのも前作と同じです。

そこまでは文句ないんですけど、やっぱり「唯子先生の新妻ダイアリー」的な展開も欲しかったワケでありまして、3分の1くらいは新妻ダイアリー的な部分に当てて欲しかったかな、と思いました。授業もいいんですけど、記憶を失ってるということで前作でせっかくデレデレになったのに、それがリセットされてしまってるわけで、やっぱりデレデレな続きを見たかったですね。

【『おしえて!唯子先生 【エッチ】を覚える大人の性教育レッスン!!』レビュー】の続きを読む
2007-12-22 Sat.
総合評価:5 シナリオ:5 エロ:6

シーン数:萌16 すくる17、恵子13、みちる6、その他11

展開。
無いです。エンディングもえらく唐突だったり、抜きゲーとしても中の下くらいかと思います。

エロ。
シーン数はそれなりですが、1つ1つのシーンの尺も短いし、いきなり挿入して発射して終了というシーンが大半です。シーンが進んだからといって、エロくなっていくわけでもないし、こちらも抜きゲーとしては中の下くらいかと思います。

シナリオがなくエロシーンのつなぎ合わせなので、主人公やヒロインに感情移入も出来ないし、かといってエロテキストが良いわけでもなし。肝心のスク水に関してもただスク水を着ているというだけでスク水を使って変態的なプレイをするわけでもなし。たまに水抜き穴を使って発射したりはしてますが、別にエロくもなし。

たまにフェラとか足コキが入ったりもしますが、抜きゲーとは思えないくらいの出来で、萌えゲーでももうちょっと濃いだろ、というくらいの出来です。その分シーン数が多くなってはいますが、先に書いたようにシーンの尺は全般に短いので、エロさが克服できてるかといえばそんなことも無いです。道具を使ったシーンとしては、スク水とローターを装着くらいはありますが、肝心の装着したまま授業中のシーンとかはちょっとしたテキストだけだったりします。

総評
展開もエロもスク水も特に書くこと無い・・・。
ただスク水を着てるだけでイイ!という人にならオススメできます。
萌えや抜きゲーを期待している人にオススメとは言い難い。
2007-12-16 Sun.
総合評価:7 シナリオ:6 エロ:8 ディスクレス:不可

シーン数:千夏14、京子12、楓14、真奈美14、梨沙12、ハーレム7

展開。
一人暮らしをしていたアパートが火事で燃えてしまったので、仕方なく実家に戻ってみると、義母が1人で住むには広すぎる実家は下宿屋となっており、千夏、楓、真奈美の3人が下宿していました。3人に義母の京子、その妹である梨沙を加え、主人公が歩けばエロにぶち当たる、という感じでエロエロな毎日を過ごしましょうと。特に最終目的があるわけではないので、エロエロな毎日を過ごして、ちょっとした個別ルートがあって終了です。

ボリュームは少なめで、日数にすると2週間程度のお話です。たいていは午前と午後の2回マップ選択をして目当てのヒロインを追っかけていくという感じで、どこにどのヒロインがいるかは一目で分かるようになっているので、攻略はそれほど難しくありませんが、ハーレムルートに入るのがちょっとややこしいかもという程度です。

典型的な抜きゲーなので、個別ルートはオマケみたいなものです。いつの間に好きになったの?とか、それまでの生活のどこに好きになる要素があったの?とか、そういう無粋なツッコミは無しです。義母である京子のルートも背徳感は薄いです。

【『Sweet Home~Hなお姉さんは好きですか?~』レビュー】の続きを読む
2007-12-15 Sat.
総合評価:7 シナリオ:7 エロ:7 変態:7

シーン数:64(非エロも含む)

展開。
自分の娘姉妹が好きで好きでしょうがない主人公が、妻が仕事の都合で長期間家を空けるのを利用して、娘である亜純と小鈴の姉妹にハァハァなことをしちゃいましょう、という感じ。娘の洋服ダンスを漁ってブラジャーやパンツに射精したり、利尿剤で娘にお漏らしさせて尿のにおいをクンクン嗅いだりと、もうやりたい放題。

かと思いきや、個別ルートに入った途端に変態度が一気になくなるというビックリな展開。個別ルートに入ってからは、変態っぷりがどこまで突き抜けていくんだろうと思っていたので、この展開にはちょっとがっかり。まあ娘を孕ませたりするあたりは、変態度MAXなんでしょうけど、ただ中出ししてるだけで、プレイ自体はフツーのHになっちゃってます。

背徳的な感じはナシ。娘を妊娠させたりもしますが、それでどうのこうの悩むということもありませんし、むしろ女の子が生まれてくればその娘も混ぜてHなことが出来るねー、な流れです。主人公は父親ですが、変態オヤジというよりはそこらの変態な兄ちゃんといった感じです。ヴィジュアル的にも若い感じがしますし、エロシーンをつなぎ合わせたようなシナリオなので、つい父親であることを忘れそうになります。

【『娘姉妹』レビュー】の続きを読む
2007-12-03 Mon.
『NG恋』をプレイしそびれた・・・。
つい新しいのに手を出してしまうなぁ。
幸い、今週末は新しく買うものは無いし、今週末にプレイしよ。

で、今月は何を買おうかな~、といろいろ物色・・・したワリに鉄板かな?
それにしてもタイトルが長いな。
『タイムリープ』は多分まともに動かんので回避。

Sweet Home~Hなお姉さんは好きですか?~
絵の問題で好みは別れるだろうけど、まあガチやね。
延期もガチっぽい気もするけど。

娘姉妹
変態!変態!

妹に!スク水着せたら脱がさないっ!
まあ普通に楽しみかな。
これも延期しそうで怖いな。

おしえて!唯子先生【エッチ】を覚える大人の性教育レッスン!!
普段はFDには全く興味は無いけど、コレは別。

ナギサの
見せてもらおうか、噂のムチムチ詐欺とやらを。
上ので延期が出たら買おうかな。

Clover Point
エロ薄くなってるそうだし、あんまり食指が・・・。
これも上の確定組の延期次第っすね。
2007-12-02 Sun.
総合評価:7 シナリオ:7 エロ:6 CG:9 萌え:7

シーン数:明日香3、瑠璃子3、小夜3、あさひ3、舞3、里佳1

展開。
今も「神様」が存在する島で、明日香は7年前に「神隠し」に遭い、神様たちの住む「向こうの世界」に消えてしまいます。それ以来、島を離れていた主人公ですが、もう一度明日香を取り戻すために島に戻ります。明日香も、主人公がいない「向こうの世界」に違和感を抱き、「こちらの世界」に帰って来ていますが、記憶をなくした状態でした。そんな明日香の他にも「神様」に何かしらの関わりを持つ少女たちと出会うことになります。

ストーリーの肝になってくるのは、「神様」と「向こうの世界」なわけですが、この辺の設定がちょっと投げっぱなしジャーマンになってるので、ストーリー自体はすっきりとはしていないですかね。特に「こちらの世界」に戻ってきた明日香と戻ってこない泉水咲(小夜の姉)がストーリー上の大きな位置を占めていますが、この辺の設定がきちんとされていないので、「向こうの世界」で何を見て、何を学んで、その結果どうして帰ってきたのか、または、帰ってこないのか、というところが投げっぱなしになってるので、下のヒロイン別のところで書きますが、特に咲の行動原理が不明確です。

【『明日の君と逢うために』レビュー】の続きを読む
2007-12-01 Sat.
総合評価:6 シナリオ:6 エロ:7

シーン数:玖羽33

展開。
攻略ヒロインは玖羽1人なので、共通ルートも何も無く、いきなり告白して付き合いだして、そのままホテルになだれ込んで初Hというところから始まります。その後にちゃんと回想シーンなるものがあって、お互いがどうやって好きになったかという話はしっかり書かれています。で、ひたすらイチャイチャするわけですが、シナリオはかなり平坦です。学校での友人達との絡みのシーンが多いので、普通の萌えゲーの共通シナリオとさほど変わりません。

攻略ヒロインが玖羽1人ということで、玖羽が好みに合わなければこのゲームは終わったも同然なワケです。そこは体験版で確かめるのが得策でしょう。天然系のたどたどしい喋り方のポーッとしたタイプの女の子が趣味に合わないな、という人は回避をオススメします。多分、途中で玖羽にイライラすると思います。

肝心の展開は、付き合い始めて、お互いがどんどん好きになって「一緒にいたい」という思いが大きくなって同棲を始めます。玖羽がうっかり校内放送で同棲してることをポロっと喋ってしまい、親共々学校からお叱りを受けますが、結婚してれば問題ないんだな、ということで結婚しちゃいます。同棲のくだりとか結婚のくだりとかは、かなり主人公達の自分勝手な流れなので、子供っぽすぎてちょっとイラっとすることもあるかも。

【『こいびとどうしですることぜんぶ』レビュー】の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。