FC2ブログ
Retrospectism
『プリンセスラバー!』応援中です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲ --:--:-- | |
2008-02-23 Sat.
総合評価:5 エロ:7 シナリオ:4

シーン数:それぞれ23

展開。
ヒロインの部屋にあったノートに書かれていた凌辱が現実に起こり、ヒロインは逆らえずに堕ちていくという流れです。1度はノートを焼き払うものの、次の日になればノートの凌辱パターンの書かれたノートの切れ端がヒロインの部屋に落ちていて、ヒロインはその凌辱に従うしかないというもの。シナリオはあってないようなもので、ノートを見つける→凌辱→ノートを見つける→凌辱、という流れでポンポン進んでいくので、エロシーンをつなぎ合わせただけです。

分岐はありますが、基本的に1本道シナリオになっていて、遥、由貴、真理子、3人同時、の順で進んでいきます。ループ構造になっていて、遥のシナリオが終われば、最初に戻って遥を由貴に置き換えて由貴シナリオがスタートします。同じように、由貴シナリオが終われば由貴を真理子に置き換えて真理子シナリオがスタートします。

【『イカレタ教室』レビュー】の続きを読む
スポンサーサイト
2008-02-16 Sat.
総合評価:7 エロ:8 シナリオ:5

シーン数:104(1対1は少なめ)

展開。
カウンセラーとして赴任してきた主人公が、普段研究している催眠術というか催眠効果のあるクスリなどの実験として、ヒロイン達に催眠をかけて乱交させたり、どこまで自分の思い通りに操れるかを試してみようといった感じの流れです。主人公には最終的な目的があるわけではなくて、ホントに自分の研究の実験をしてみたいだけで、流れとしてはヒロイン達に催眠を施して乱交させるうちに、主人公の悪行がバレていきなり終了するという唐突な流れです。

OHPにあるように、1人ずる攻略するというのではなくて、グループごとに攻略していくことになりますが、どのグループのシナリオでもやってることは基本的に同じで、催眠かけて乱交させて生徒会長である麗華に悪行がバレて、いきなりバッドエンドに突入して終了してまうという同じ流れなので、退屈な上にバッドへの突入が唐突すぎて「え、ちょっ、これで終わり?」という感じがどのルートでも味わえます。

【『催眠凌辱学園』レビュー】の続きを読む
2008-02-09 Sat.
上のバナーも変更。
2月の購入予定の中には良さ気なのがなかったので、3月のから引っ張ってきました。

しあわせなお姫さま
もう既にプレイし終わって、レビューも書き終わっちゃってますけど。
セシリアが可愛くてエロくてたまらんので、未プレイの方は是非。

イカレタ教室
たまには輪姦モノもしないとね。
それほど痛い系でも無さそうだし。

超昂閃忍ハルカ
ガッチガチやね。
エロの尺がどうなってるかが問題ですね。
エスカは今やってみると、短くて話になりませんからね。

淫夢学園
作品うんぬんの前にOHPの方をどうにかして・・・。
常時テンポってるんですけど。

CLANNAD Full Voice
これを気に『CLANNAD』のレビューも書こうかな。
とりあえず、アニメの杏がエロ過ぎる。
まあ、原作ファンとしては、アニメは面白いんだけど物足りないというところかな。
そこは、原作の尺的にしょうがない、と割り切るべきでしょうね。
2008-02-05 Tue.
総合評価:9 エロ:9 調教:8 セシリア:10

シーン数は割愛。ハーレム系(複数P)は2つ

展開。
平民として暮らしてきたものの、実は王家の血を引く主人公。王家の血を絶やさないために、王子様として王宮に迎えられ、隣国のお姫様であるセシリアと結婚するまでのお話。セシリアは、最初は主人公のことを毛嫌いしているので、Hなことをしまくってれば好きになってくれるでしょう、ということで結婚まで日々Hなことをしまくって、段々セシリアが主人公のことを好きになり、エロくなっていく調教モノです。

調教モノということで、期限の決められた中でいくつかある調教メニューを選びながら、決められたイベントをこなして、エンディングを迎えるという普通の調教モノです。調教モノということで最初は嫌がりますが、最初につけるエンゲージリングを通して、お互いの快感が共有されるので、主人公が最初から気持ちよくなってることもあり、セシリアも最初から結構感じまくりです。

攻略制限がついていて、最初はセシリアしか攻略できないようになっています。セシリアを攻略すればキリオとマーヤのルートがオープンになり、その後にエルティナのルート、その他(ハーレム系)のルートが順にオープンになります。攻略期間は短くて20日間となっていますが、実質15日程度しかありません。『ヴァルキリー』やら『アンジェリカ』に比べれば攻略も簡単です。

【『しあわせなお姫さま』レビュー】の続きを読む
2008-02-03 Sun.
総合評価7 シナリオ:7 エロ:5

シーン数:各ヒロイン3回ずつ

展開。
実家の『かもめ亭』の名物シェフでもある母親が過労で倒れてしまい、でも店を休業にさせたくない半人前の料理人でもある主人公が、魔女っ子であるマリーやその他のヒロインと協力して母親が退院するまで切り盛りしていく話。主人公は、実家に帰る途中で事故にあって死にかけますが、マリーの魔法によって助かります。でも、その治癒魔法は不完全なもので、たまに魔法をかけなおさないとすぐに死んじゃうということで、マリーは『かもめ亭』に住み込みで働くになります。

各ヒロインのシナリオは下のヒロイン別のところで書くとして、全体的な流れとしては、マップ選択のように各ヒロインがのいる場所を選択していくだけです。特に変わったイベントもないので、狙ったヒロインを追っかけていれば攻略できます。バッドエンド的なマザコンルートもごく短いですが一応あります。攻略ヒロインが4人しかいないということもあって、どのヒロインもルートは2部構成のようになっていてそこそこ長めです。

【『さくらシュトラッセ』レビュー】の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。