FC2ブログ
Retrospectism
『プリンセスラバー!』応援中です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲ --:--:-- | |
2006-07-24 Mon.
総合評価:7 シナリオ:5 エロ:8 フェラ:8

「おねスィ」よりも一人当たりの選択できるコスプレが減ってますか。

まず展開ですが、主人公が属する「コスプレ同好会」の部長である凛がメイドのコスプレがやけに気に入っており、是非とも本格的なメイドごっこをやってみたいということで、夏休みを利用してしずねの別荘である洋館にやってきて、2週間ほどを過ごしながら毎日のようにコスプレHをしていこうじゃないか、というような展開です。

「おねスィ」の場合は一応、学園モノということで朝起きて学校へ行って放課後のクラブでコスプレしてというストーリーらしきものがありましたが、今回はそんな申し訳程度のストーリーも無く、エロければシーンのシチュエーション作りなど必要ない、とライターさんの雄叫びが聞こえてきそうなほど、とことん力技のエロを連発してきます。朝起きてコスプレ選択したら突然コスプレに沿ったシチュエーションを説明し始めるなど「ちょ、おま」な展開が目白押しです。

「おねスィ」でもそうでしたが、一応コスプレに合ったシチュエーションを説明セリフで付け加えてくれはしますが、やはりあまりにも突然すぎてイベント間のつながりが全く無視しているので多少ついていけないところもありました。なのでHシーンへの導入となるシチュエーションを重視される方にはとてもオススメできるものではありません。この辺を違和感無くプレイできるかどうかで評価がガラっと変わってくると思います。

その肝心のえっちぃシーンですが、これは力技でシーンを割り込ませてくるあたり、よほどHシーンに自信があるんでしょうが、コスプレに適したシチュエーションを1シーンでやりきらなければならないので演技が白々しすぎてちょっとアレかな、みたいな感じです。例えば兄妹のシチュエーションなんかだと「お兄ちゃん」連呼しすぎのように感じました。確かに連呼しないとただのHシーンになってしまって兄妹というシチュエーションをプレイヤーに伝えられないのは分かりますけど。そんなエロシーンですがいい点もあって、連戦連発が揃っているのはうれしい限りです。連戦している割には尺が短いような気がしないでもありませんでしたが、汁もたっぷりでいい感じです。

いつものVA系のシステムということで、「クリックでボイスを止めない」機能がついていないのでエロシーンはどうかな、特にフェラに関してどうかなあ、と思っていたんですがそこはメーカーさんも自分達の弱点はよく分かっているのか、チュパ音を含んだセリフを続けて出してくるのでBGCが無くても十分使用には耐える設計になっています。効果音がBGCだったら文句なしだったんですけど。

そのチュパ音ですが、吉川さんは爆音系で何の問題もないですが、まおさんは「ん」の発音が多くて少し物足りなかったですかね。イラマチオをしている感じのチュパ音に近いのでそっちの方が好きな方には問題ないです。不満をあげるとすればメインヒロインが2人なので、できれば爆音系とネットリ系の声優さんを起用して欲しかったなあ、と思いました。

攻略に関しては、純愛値というパラメーターが設定されていて高い低いはエンディングを見るには関係ないんですが、そのあとでルートを解放するためにはできるだけ高い方がいいですが、2週目以降は分かりやすくパラメーターが表示されるので特に悩む点もないかと思います。中に出すか外に出すかも攻略には全く関係なしです。あと、インストール容量が約4Gと巨大です。

ではヒロイン別に。

まずは
コスプレ同好会の部長さん。昔、両親が離婚した時に誰も自分の気持ちを分かってくれず、自分の存在に注目して欲しい、ということで「その他大勢」の普通の女の子をやめて平凡な自分を変えたい、ということでコスプレをするようになります。主人公をむりやり同好会に勧誘したり、周りに迷惑のかかる行動をよくとって自治会長のしずねとしょっちゅう衝突しています。

でそのしずね
主人公の幼馴染。10年ぶりの再会で今でもやっぱり主人公のことが好きで凛が主人公にちょっかいをだすのでその度にヤキモチを妬いてムキになって凛に突っかかります。日常イベントがずっと同じ展開なので途中で飽きてしまいました。もうちょっとエロエロになっても良かったんではないかと思います。

オマケの真理子・ひろみ
姉妹。オマケです。

総評みたいなの。
散々書きましたが、エロシーンまでのシチュエーションを重視する人にはオススメできませんが力技のエロでも問題ないという方であればオススメできます。Hシーンは基本的にコスプレにそった演技をしながらなので、その辺でどうしても不自然さがあるのは否めないので、そこでも評価が別れてくると思います。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。