FC2ブログ
Retrospectism
『プリンセスラバー!』応援中です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲ --:--:-- | |
2007-10-06 Sat.
総合評価:8 エロ:8 シナリオ:7 ディスクレス:不可

シーン数:ライム37 ローズ19 フィエナ6 レナ・シュガー・リリー:1

レナの内容をあんまり覚えてない・・・。

展開。
前作のファルケと同じように、メッツァーにそそのかされた主人公のシルヴァが、世界征服のためにヒロイン達を凌辱というか調教して、自分の手駒にしてしまおう、という展開。今回もメッツァーは出てきません。また、今作はスイートナイツの流れではなくて、エンシェル・レナの流れを汲む作品なので、途中でレナが出てきたり、レナの作品中の話が結構まとめて出てくるので、レナをプレイしていない人は途中にワケの分からない箇所があると思います。

他にも、少しですがスイートナイツ関係の話も出てきますが、こちらはプレイしていなくても困るというようなことは無いと思います。ただ、ディラックとか特定のキャラ名が出てきたりもするのでその辺はプレイしていないと何のことか分かりにくいですね。ディラックの通り名は、てっきり「磔の王」とかそんなんだと思ってましたが、何だったか忘れましたが、案外カッコよかったですね。

エロ。
ヒロインをキャッチアンドリリースするのはこれまでの作品と同じ流れですが、これまでの作品とはシナリオライターが違っているために、エロもこれまでの作品よりはちょっと凌辱色が濃くなっています。これまでの作品よりもひぎぃ系のエロが増えています。サブに新人の原画さんのキャラがいますが、その二人はエロなしも同然です。

HPを0にして勝利すれば、魔物、主に触手によるHが中心となってきます。作品中に4体ほど上魔が出てくるので、そいつらも積極的に戦闘に参加させてレベルを上げさせれば、パターンの違うシーンが見れます。恥辱系で勝利すれば、主に主人公によるエロが中心で、たまに見物人にヒロインに奉仕させたり、ヒロインを犯させるシーンがあります。

HPを0にして勝利するか恥辱攻撃で勝利するかで、その後のエロがひぎぃ系が恥辱系かに分かれるわけですが、今回は力押しで勝利した場合は無理矢理挿入れるようなシーンが多く、ヒロインも結構悲鳴系のセリフを発してくれます。恥辱系で勝利した場合も無理矢理挿入するシーンがあったりしますが、基本的に主人公によるネットリした攻めが見られるので、戦闘の勝利の仕方によってこれまでの作品に比べてギャップが出ていて良かったと思います。

一方、上にも書いたように、ヒロインが堕ちるまでキャッチアンドリリースを繰り返すわけでが、今回はヒロインが堕ちるのが早い気がします。というのも、前作と同じように、ヒロインは2名ですが、今作は2連戦をするのではなく、先にライムを堕としてからローズを堕とす、という流れになっています。なので、単純に考えて、作品の半分の時点でライムが堕ちてしまうので、これまでの作品に比べると堕ちるのが早いと思います。

それにローズも戦闘の勝利の仕方でその後のエロが変わってくるため、堕ちるまでの長さが半分にならざるを得ないので、これまたどうしても堕ちるのが早くなってしまいます。ただでさえ、メインはライムで、ローズはサブ的なヒロインなので、エロシーンがライムに比べて少ないので、無理にエロを分けずに、ひぎぃ系とネットリ系のを一本道にした方が良いと思います。

これまでの作品のように堕ちたら持ち帰り、というのではなくて、堕ちた後も泳がせておくことが出来、戦闘とは関係の無い日常のシーンで調教をすることも出来ますが、こちらはシーンも2つしかないので、もっとこっちの調教に力を入れてもこれまでの作品と違って面白かったのになあ、と思いますが、あまり作風を変えるのもよくないんでしょうかね。

最初の展開のところで書いたように、途中でレナが登場してエロシーンがあります。他にも前作からシュガーと黒化したリリーも登場してそれぞれエロシーンがあります。エロ見なくても今作のシナリオには直接的に関係ありませんが、レナと前作のヒロイン達との出会いは、シリーズの流れの中では、それぞれの作品を絡め合わせる重要なシーンになってきます。(シリーズを収束させる気が製作側にあるなら。)

システム。
今回も当然のごとくディスクレスは不可。
これまでに比べて大きく変わったところは、戦闘スキップが出来るようになったこと。
これはすごい便利だと思います。そろそろあの戦闘システムにも飽きてきた人も多いだろうし。

総評。
シナリオライターが変わって割りと不安いっぱいでしたが、終わってみれば満足の出来。
思い切って外注にしてみて成功だったと思います。
次は本家の反事象氏に期待。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。