Retrospectism
『プリンセスラバー!』応援中です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲ --:--:-- | |
2007-12-16 Sun.
総合評価:7 シナリオ:6 エロ:8 ディスクレス:不可

シーン数:千夏14、京子12、楓14、真奈美14、梨沙12、ハーレム7

展開。
一人暮らしをしていたアパートが火事で燃えてしまったので、仕方なく実家に戻ってみると、義母が1人で住むには広すぎる実家は下宿屋となっており、千夏、楓、真奈美の3人が下宿していました。3人に義母の京子、その妹である梨沙を加え、主人公が歩けばエロにぶち当たる、という感じでエロエロな毎日を過ごしましょうと。特に最終目的があるわけではないので、エロエロな毎日を過ごして、ちょっとした個別ルートがあって終了です。

ボリュームは少なめで、日数にすると2週間程度のお話です。たいていは午前と午後の2回マップ選択をして目当てのヒロインを追っかけていくという感じで、どこにどのヒロインがいるかは一目で分かるようになっているので、攻略はそれほど難しくありませんが、ハーレムルートに入るのがちょっとややこしいかもという程度です。

典型的な抜きゲーなので、個別ルートはオマケみたいなものです。いつの間に好きになったの?とか、それまでの生活のどこに好きになる要素があったの?とか、そういう無粋なツッコミは無しです。義母である京子のルートも背徳感は薄いです。

エロ。
梨沙以外のヒロインは経験も豊富なエロエロモンスターで隙あらば主人公のチ〇コをくわえ込むような人たちなので、そんなヒロインたちに迫られれば主人公が太刀打ちできるはずもなく、
いいようにもてあそばれます。ヒロインたちも所構わず、プールだろうと海だろうと大学の研究室だろうと公園だろうと迫ってきて主人公を食べちゃいます。

なので梨沙以外は最初からフルスロットルでヤリまくりというかヤラレまくりですが、梨沙は処女という事もあって、最初はフェラだけで終わったりして、後半でルートが確定するあたりから本番が始まるという感じになっています。京子も義母とは言え、一応母子の関係ではありますが、一度Hしてしまえばもう止まりません。

内容は特に変わったものはなく、リモコンで操作できるローターを入れたお馴染みのシーンはありますが、それ以外は、H大好きなお姉さんヒロインに迫られてそのまま流されるシーンが多いですね。アナルシーンも無かったと思います。どのヒロインのルートでも中出し外出しの選択によって、最後のHシーンがボテ腹Hに分岐します。コスチュームも真奈美がバイトでウェイトレスをしているので、制服でのHはありますが、他のヒロインは水着があるくらいです。

ただ個別ルートが短いというか、個別ルートに入ったからといってラブラブっぽくはなりますが、シーン内容はそれまでとそれほど変わらず、やっぱりアクシデント的なエロが多くなっているのが残念ですかね。最後にお互い好きになって結ばれてラブラブHなシーンはありますが、その後に後日談的なシーンが1つあって終了なので、ラブラブHが足りません。エロエロなおねーさんたちが段々主人公に蕩けていく様子があれば最高だったんだけどなあ。

フェラ。中の人は1名を除いて鉄板なのでチュパ音には何の問題もないし、まず一発目はフェラで抜いてから、みたなシーンもたくさんあるのでシーン数としても問題は無いと思いますが、フェラ中に結構喋ってくるので、もうちょっとフェラに集中して欲しいなあというシーンが多々ありました。それに、舐め咥えの差分が無かったり、あるのに演出として全くテキストと合ってなかったりするシーンも目立つので、その辺が残念でした。でもまあ、フェラ特化のゲームではないですし、標準以上ではあると思います。

CG。
このゲームの一番の売りとも言うべきキリヤマ太一氏のCGですが、自分は『SEX FRIEND』以来ですが随分垢抜けたなあ、と思います。『SEX FRIEND』がかなり衝撃だったというのもあるかも知れませんが。でもまあ、それでもかなり好き嫌いははっきりする絵柄であることは確かですね。肉感のあるムチムチなのが好みなのであれば、というか体験版なりサンプルCGなりをみて大丈夫なら買いですね。

ヒロイン別に・・・特に書くことなし。
個別はホントにオマケみたいなものなので。

システム。
『SEX FRIEND』はシステム地雷でしたが、今作は回想も普通のシーン選択方式になってますし、前作よりはマシになってると思います。が、最近のシステムも随分快適になってきているのに比べると動作も重いし、システム的にはまだ改善をして欲しいというところでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。