Retrospectism
『プリンセスラバー!』応援中です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲ --:--:-- | |
2008-01-25 Fri.
総合評価:5 エロ:7 シナリオ:6 制作期間:長すぎ

シーン数:28(ヒロイン、サブ含む)

展開。
Vol.1(レビューはこちら)の続きなので、基本的な展開は書きません。典型的な戦う変身ヒロインモノです。ただ、勝つにしても凌辱されている内に相手の隙を見つけて形勢逆転という形で進んでいく形です。なので、前作でルーアンを追い返してますが、凌辱はされているので、沙枝はVol.2では初めから、ちょっとしたことで体が疼きだす淫乱な子になっています。

んで、今回も「違反者」と呼ばれる魔法使いを撃退していくだけで、最後に謎のヒーローが現れて次の巻に続く、というところで終わります。謎のヒーローとか書いてますが、まあ、ねえ。構成は1話ずつ進んでいくような形式で、3話、つまり3体の「違反者」を撃退していくこことになります。ボリュームは少なくて2時間もあれば十分です。キッチリ全ての声を聴こうとするともう少しかかります。最初の話で翔子が魔法少女になります。

エロ。
全体的なことから言うと、1本道で「違反者」との戦い方の選択肢次第でエロが分岐したり、勝って次の話に進むか、負けて即堕ちかが決定します。1度負けたら即堕ちですので、ネチネチ堕としていくのが好きな方はご注意を。さらに、前作から続けてプレイしないと、最初からすでに半分堕ちてるような状態でスタートするので、唐突感がすごいです。

では1話のエロから順番に。
まずはタコ型の触手です。水泳の授業中に現れるので、ヒロインはスク水です。無理矢理あちこちに触手を突っ込まれて、でもヒロインは前作の後遺症もあって体は既にエロエロな状態ですので、抵抗するのもホントに最初だけで後はもう感じまくりです。1話は翔子が魔法少女になる話ですので、もちろん翔子も触手を突っ込まれますが、エロの主役は沙枝なので、翔子はオマケ程度です。

2話は、変態執事によるアナル凌辱です。浣腸による軽いスカもありますが、スカがあるから回避するというほどのものでは全くありません。後はもう街中の公衆の面前でアナルに突っ込んだり、アナルをやりたい放題です。また、この変態執事はエミットの魔法を無力化する能力を持っているので、記憶操作の魔法が解かれて、街中の人が前作での沙枝のエロっぷりを思い出して、やんややんやの喝采で羞恥心を煽るという感じです。エミットに軽い獣姦がありますが、翔子は出番なしです。

3話は学校での生徒による輪姦です。エミットと友人の静流を人質に取られて2人を助けるためにパイズリで40人抜きをしたり、堕ちた沙枝もしくは翔子が、お互いを襲うというレズプレイもあります。ここでは、「違反者」が自ら手を下すことはなく、生徒による輪姦もしくはレズプレイが中心になります。

エロはこんな感じで、パターン的には触手・アナル・輪姦の3つしかなくて、選択肢での分岐や負けて堕ちた後のシーンがあったりしてシーン数が増えている、という所です。

次の巻はいつ出るんだ・・・。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。