Retrospectism
『プリンセスラバー!』応援中です!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
▲ --:--:-- | |
2008-01-26 Sat.
総合評価:7(フェラ好きなら+1) エロ:7 フェラ:9 シナリオ:6

シーン数:さくら12、空10、姫14、依真5、複数人プレイ28

展開。
父親の死により、学生ながら大企業グループのトップになった主人公ですが、家訓により当主になってから2年以内に結婚するか、子供を授からなければ、その座を追われることになっています。そこで、同じ学園に通う3人のヒロインを花嫁候補として、メイドにして住み込みで働かせて自分の変態趣味を受け入れられるように調教していきましょう、と。そこにメイド長である依真もヒロインとして入ってきます。

各ヒロインについてのシナリオは、下のヒロイン別のところで書きますが、ヒロインの個別ルートはありません。なので、エンディングはいくつかありますが、個別エンドはなく、どのルートでも結局はヒロイン4人と結婚するか子作りをすることになります。重婚をどうしようか、とかの話も一応出てきますが、まあどうでもいいでしょう。

エロ。
仙台・巫女大・仙台2に続くだ~いすきシリーズということで、言うまでもなくフェラチオが多めになっています。ゲームを始めてノークリックでBGCが流れ出すあたりはさすがかと思います。今回はそれに加えて、上のシーン数を見てもらえば分かるように、複数人プレイも多めになっています。なので、複数人はちょっとごちゃごちゃして苦手だな、という人はご注意を。

で、フェラ。フェラ中はあまり喋ることはなくて、チュパ音に集中してくれているので、そこは個人的には嬉しい限りです。喋りで攻められるというのも捨てがたいかとは思いますが、それでチュパ音が少なくなってしまうことが多いので、喋ってないでしゃぶれよ、という嗜好の人にはオススメです。

芹園みやさんは今更言うまでもなく、「んぽっ」というあの独特の音は当然今回も健在で水気もあってイイと思います。まあ、代わり映えがしないというかマンネリといってしまえばそれまでですが、その「いつもどおりのなんとかみや」がいいのであって、個人的には文句なし。同じように飯田空さんもいつもどおりのモゴモゴ感も出ていて、4人の中では水気も一番あり、やっぱりいいですね。

井村屋ほのかさんは、「ん」「む」の音が多いかな、という印象。テキスト自体がそれほど「チュパチュパ」としていないので、テキストに忠実に演技をするとこうなるよね、という感じですね。多めというだけで、合間にはちゃんと水気のあるチュパ音も出してくれているので、その辺はご安心を。

最後に倉田まりあさんは、テキストにあまり縛られないというか、いい意味で空気を読めていない感じの爆音系のチュパ音です。空気の読めなさは吉川華生さんに似てるかなと思いました。個人的にはもうちょい水気があれば完璧で、それだけで何ヶ月かは戦えるほどだったかなと思います。まあこれはあくまでも個人的な感想なので、今のままでも十分だと思います。

問題としては、ちょっとCGの使いまわしが多かったかな、という印象がありますかね。朝フェラで同じCGを使う程度は全然構いませんが、通常のシーンはできるだけ使いまわしは避けて欲しかったなあ、と思います。あと、CGに関して言えば、愛液の差分が無かったり、濡れてきているのにパンツの染みの差分が無かったりするシーンがほとんどですので、その辺でもうひと頑張りお願いしたいです。

なんかフェラの話ばかりしていますが、もちろん普通の挿入のシーンもいっぱいあります。依真はアナル開発済みですが、本編ではアナルは指でいじくる程度です。あとは、バイブを突っ込んだまま登校したり授業を受けたりとバイブを使ったシーンが結構あります。

ではヒロイン別に。
さくら
両親が他人の保証人になり、その他人が逃げたために多額の借金を負い、その借金の肩代わりに娘のさくらを主人公の元に預けることになります。さくらは元々主人公のことが好きだったけど、素直になれないという、まあよくいるタイプのヒロインです。


無口ヒロイン。孤児院で生まれ育ち、里親にも冷たくあしらわれていたというか、ただ黙って言うことを聞くロボットのように扱われてきたので、里親の借金のかたに主人公の元に連れてこられますが、そういう境遇に慣れていたので、主人公の言うことにも逆らいません。でも主人公は今までの人達と違って、自分に普通に接してくれるので、主人公のことが大好きになっていきます。


かつて主人公のグループのライバル企業グループであった獅子王院家の娘。その獅子王院家も借金を負うほど没落していますが、姫の両親はかつての栄光を忘れられずに、それにすがっているだけで本気で家を建て直す気も無く、姫もそんな両親に愛想をつかして主人公のメイドになることになります。ツンツンしてますが、子供の頃から主人公に憧れていたので、すぐにデレます。

依真
主人公の父親が娼婦に産ませた、主人公の母親違いの姉にあたります。そういう過去を伏せて、主人公の屋敷でメイド長をしています。他のヒロイン達がやってくるまでは、主人公を朝フェラで起こす役目もしていました。アナルは主人公によって開発されていますが、前はまだで処女です。ただ、メイド長として他のヒロインのサポート役をすることになりますので、シーンは少な目です。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。